このページの先頭です

クレジットカードでマイルを貯めることに向いている人の特徴まとめ

14views

投稿日:

クレジットカードはポイントやマイルで選ぶ時代

クレジットカードの付帯サービスとして多くのカード会社が実施しているのが「ポイント・マイル」サービスです。利用金額に応じて一定割合をポイントやマイルで還元するこのサービスはカード利用者にとって非常にお得なサービスです。

クレジットカード選びといえばブランドやステータス、あるいは即日発行できるかや券面デザインなどが重視されていた時代もありましたが現在ではポイント・マイルサービスの充実度を基準にしたカード選びが主流です。

ポイント・マイル還元が充実しているカードを選べば年間で数万円以上もお得になります。支出を買えずに還元だけが増えるのですから、即日発行の必要に迫られるなど特別な理由がない限りポイント・マイル目当てにクレジットカードを選ばない理由はありません。

クレジットカードのポイント・マイルには向き不向きがある?

とってもお得なクレジットカードのポイント・マイルですが、人によって向き不向きがあるのも事実です。向いている人が賢くクレジットカードを使えば数万円以上もお得ですが、向いていない人だと還元で得するどころか年会費で赤字になってしまう可能性もあります。

ポイント・マイルがお得なカードに乗り換えるのもいいですが、まずは自分が向いているかどうか確かめてからでも遅くありません。条件に当てはまるかを確認し、クレジットカードと生活スタイルの相性をチェックしてポイント・マイルを貯めるべきか考えましょう。

クレジットカードでポイント・マイルを貯めることに向いている人の特徴

賃貸住宅に住んでいる

生活費の中でも一番負担が大きいのが家賃です。賃貸に住んでいる人なら1年間で数十万?数百万円を家賃として支払っている計算になりますが、この家賃をクレジットカードで支払えばポイント・マイル還元は大きな額になります。

毎月の家賃が10万円だと1年間の支払額は120万円です。この家賃を振込や引き落としからクレジットカードに切り替えると、マイル還元率1%で1万2千円分のマイルが受け取れます。支払額そのものは変わらず支払い方法をクレジットカードに切り替えるだけで年間1万円以上もマイル還元が受け取れるのは非常に魅力的です。

実家暮らしやマイホームの方の場合は支出の大部分を占める家賃の支払いがないのでポイント・マイル還元の恩恵を受けられません。住宅ローンをクレジットで払うことは不可能なので、賃貸住宅住まいの方のみのメリットです。

光熱費を自分で払っている

光熱費を自分で払っている方は支払い方法をクレジット払いにするだけでポイント・マイルが貯まります。年間で計算すれば10万円以上になる光熱費の支払いはバカにできません。支払い方法の切り替えは手続きすれば簡単にできるので、日常生活をするだけでどんどんポイント・マイルを貯められます。

よく給油する

日常的に自動車に乗っていてよく給油する方もポイント・マイルを貯めるのに向いています。ガソリンスタンドが発行するクレジットカードの多くは給油料金支払いに対して割増のポイント・マイル還元を実施しています。

給油限定で還元率がアップするだけでなく料金そのものが割引になるクレジットカードもあるので、給油する機会の多い方はクレジットカードを利用したほうが絶対にお得です。

出張が多い

仕事関係で出張が多い方はぜひクレジットカードでポイント・マイルを貯めましょう。航空券をカードで購入すればマイルが付与されますし、ホテルやタクシー料金などもクレジットカードで決済すればポイント・マイルが貯まります。

近年は法人カードによる決済で会社側がマイルを管理するケースも増えていますが、何かと支払う機会が多い出張はポイント・マイルを貯める絶好のチャンスです。クレジットカードで支払いをすることそのものは何の問題もないので、出張中の支払いには積極的にクレジットカードを使いましょう。

電子マネーを日常的に使う

電子マネー付きのクレジットカードの一部は電子マネー払いでもポイント・マイルが貯まります。電子マネーで支払う機会が多い方は電子マネー付きのクレジットカードでどんどんポイント・マイルを貯められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です