このページの先頭です

マイルを貯めるならどっち?JALとANAのクレジットカードを比較

80views

投稿日:

JALクレジットカードの特徴

即日発行の可否

JALクレジットカードは、お申し込み後クレジットカードが手に入るまで、約1カ月の時間を要するため、即日発行は不可能となっています。

ただ、お申し込み方法として郵送を選択し、郵送する際にJALを利用する日と、発行を急いでいることを伝えることによって若干発行を早めることは可能です。

ポイントをマイルに交換する作業が不要

JALクレジットカードの場合は、クレジットカードのご利用金額がそのままマイルとして貯まっていくため、ポイントをマイルに交換する作業が不要となっています。

貯まるマイルに関しては、基本的には100円もしくは、200円のご利用で1マイルが貯まる仕組みとなっていますが、条件次第で100円のご利用で2マイルを貯めることが可能です。

マイルの有効期限

JALのマイルの有効期限は3年間です。

もし、忘れてしまうことが不安な方は、『JMBサイバーフラッシュ』に登録しておくことで毎月1回メールで最新のマイル数や、有効期限が迫っているマイルを知らせてもらうことが可能ですので、ぜひご活用いただければと思います。

ボーナスマイルが貯まる条件と付与マイル数

JALのクレジットカードでは、入会後初めてJALを利用した時に1000ポイント、毎年初めてJALを利用した時に1000マイル、それ以降は、フライトマイルに10%のボーナスマイルの付与が行われます。

貯まったマイルの使い道

JALのマイルは、フライトでのご利用はもちろんのこと、ホテルの宿泊や、食事に使用できるクーポンとの交換、WAONとの交換、「JALとっておきの逸品」の中でグルメや、グッズと交換するなどといった使い道があります。

また、貯めたマイルを被災地などへの寄付金として利用することも可能です。これらすべての手続きは、JALマイレージバンクのホームページ上から行えるようになっています。

ANAクレジットカードの特徴

即日発行の可否

ANAのクレジットカードも先ほどのJALと同様、即日発行は不可能となっていますが、早ければ3営業日以内に発行してもらうことは可能です。

3営業日以内に発行してもらうためには、三井住友ブランドか、JCBブランドを選択することに加えて、インターネット上からのお申し込みと、インターネット上で利用料金の引き落とし口座を登録していることが条件となっていますので、ご注意ください。

ポイントをマイルへと交換する作業が必要

JALクレジットカードの場合は、ポイントをマイルへと交換する作業が不要となっていましたが、ANAのクレジットカードの場合はその作業を行う必要があります。

また、ANAのクレジットカードでは、マイル、そして一部を除き、ポイントにも有効期限の設定があるという点に注意しなければなりません。

基本的には200円のご利用で1マイルが貯まる仕組みとなっていますが、条件次第で100円のご利用で1マイルを貯めることや、100円で2マイルを貯めることも可能です。

マイルの有効期限

JALのマイルの有効期限は3年間となっていますが、ANAの場合はポイントにも2年から3年の有効期限を設けております。

そして、こちらもJALと同様、有効期限が迫っているマイルをメールで知らせてもらうことが可能です。

ボーナスマイルが貯まる条件と付与マイル数

ANAのクレジットカードでは、入会した時と、継続利用により1000マイルを付与するものとなっており、それ以降は、フライトマイルに10%のボーナスマイルを付与するものとなっております。

貯まったマイルの使い道

ANAのマイルも、フライトやグルメやグッズとの交換、ホテルの宿泊といったほか、ANAのホームページ内で使用できるANAコインとの交換、Tポイント、楽天スーパーポイントなどとの交換などといった使い道があります。

そして、JALと同様、すべての手続きはANAマイレージバンクのホームページ上から行うことが可能です。

このようにJALとANAのクレジットカードは似た部分もありますが、貯めたポイントをマイルへと交換する作業の有無や、使い道などにも違いがあります。

今回ご紹介した内容を少しでもクレジットカード選びの参考としていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です